多くの男性が年齢を重ねる毎に男性器の機能低下を感じ始めます。勃起力の低下は歳を取ったという現実を突きつけられているように感じて、精神的にも若さを失ってしまうかもしれません。そうなる前に精力剤を使用して勃起力を回復させてみませんか?まだまだ現役の精神で日々を過ごすための秘訣を紹介しちゃいます!

カプセルとスプーン

精力減退の原因とは

病院

精力減退の主な原因は老化によるものです。人はだれしも年をとるにつれて身体機能が衰えていきます。
精力も同じであり、老化とともに性欲も落ちていきます。身体機能が低下すると性行為をしたいという欲求も衰えます。
なぜなら、性行為をすると体に負担がかかるからです。

男性の場合、射精をすると100メートルを全力で走るのと同じくらいの体力を消耗すると言われています。
体が弱った状態にあるときには、「今エネルギーを消耗すると危険だ」という認識が働いて、性行為をしようという気持ちが湧かないという理由もあります。
年をとると性欲が落ちることと身体機能が低下することのダブルの効果で精力が減退する傾向です。

しかし、加齢による精力減退はだれにでもあることなので、それほど心配をすることではありません。
病気ではなく、人間ならばだれにでもある自然な現象です。
まだ30代・40代くらいの若い人が性欲がないというと、勃起不全などの病気の疑いも出てくるでしょう。

まだ若いのに精力が減退してしまう1つの原因としては、男性ホルモンの低下などがあげられます。
男性ホルモンが低下する理由はさまざまですが、運動不足による筋力の低下や、栄養不足、生活習慣の問題などがあるでしょう。
男性ホルモンを増加させるためには、栄養たっぷりの食事、規則正しい生活習慣、適度な運動などが大切です。

ストレスなどの精神的な問題が影響して性欲が落ちてしまうこともあります。
現在はストレス社会と言われています。
仕事上の悩みなどでストレスが溜まっており、パートナーと性行為をしたいという欲求が湧いてこないという男性は増えているようです。
パートナーから「なぜ勃起しないの?」「小さい」といったネガティブな言葉をかけられてしまって、それが精神的なトラウマになってしまって勃起不全につながることもあります。
ストレスを溜めないということは健康な毎日を送る上で大切なことですが、セックスにおいても重要なことです。

精力が落ちたことがさらにストレスで悪循環に

精力が減退するのは加齢によるものだけでなく、若い人でも日頃の生活習慣からくるストレスによって精力が減退してしまうことがあります。
ストレスを感じると性欲が低下するのは男性ホルモンの分泌が減少するからです。
男性ホルモンは主に精巣で製造されていて、筋肉の成長促進や脂質代謝、行動力や集中力アップなどの役割を担っています。
性欲面に関しての役割も果たしているのですが、男性ホルモンの分泌は20代を境にして下降していきます。
性欲低下は男性ホルモンが大きく影響していて、その証拠に精力減退の悩みを抱える多くは中年以降の男性です。

男性でも中高年になると更年期障害を発症しやすく、その症状の中に精力の減退があります。
男性更年期障害の主な原因は男性ホルモンの減少なので、治療としてはホルモンを補充する方法がよく用いられています。
ストレスを受けると男性ホルモンが減ってしまうので必然的に性欲は低下するわけですが、気をつけないといけないのは精力が落ちるとさらに悪循環に陥ってしまうことです。

ストレスを慢性的に受けていると精力が減退するので、効果的な解消方法である性行為が抑えられてしまうことになります。
そうなるとさらにストレスを溜めることになって、性欲が下がることで解消ができなくなる悪循環になるわけです。
慢性的なストレスが続くような状態でいると性欲低下の悪循環にはまり、精力減退や勃起障害が顕著になってきます。

精力減退は体のどこかに問題がある場合だけでなく、現代人はストレスによってそうなる人が多いです。
高血圧や糖尿病、動脈硬化など血管系の病気が指摘されることがありますが、精神的な問題で発症する場合も多く、慢性的に続くストレスが原因で精力減退や性欲低下を引き起こします。
一時的に強いストレスを受けただけなら性欲が下がるのも一時的ですが、慢性的にストレスが続くと慢性的な精力減退や勃起力低下をもたらすことになるので注意が必要です。